ポルシェの革新 Porsche Panamera S E-Hybrid

April 20, 2022 Text Tatsuya Kushima

常に時代をリードしてきたポルシェが、さらなる進化を遂げた。クラス初となるプラグインハイブリッドシステムをパナメーラに導入。その実態は? パナメーラ S E-ハイブリッドを通してクルマの近未来を鑑みる。

ポルシェ パナメーラ S E-ハイブリッド
ポルシェ パナメーラ S E-ハイブリッド
ボディー:全長5015×全幅1931×全高1418㎜
エンジン:3.0ℓ V型6気筒 直噴DOHC スーパーチャージャー
最高出力:245kW(333ps)/5500~6500rpm
最大トルク:440Nm/3000~5250rpm
駆動方式:FR
トランスミッション:8段オートマチック(ティプトロニック S)
価格:15,340,000 円

ヨーロッパの街並みを歩いていると、まるで中世にでもタイムスリップした気になる。200 年も 300 年も前の石で造られた家々が軒を連ねるからだ。住民に不都合はないのかといえば、そこはきちんと進化している。現代的な家電に囲まれた生活は、まさに過去と現在のハイブリッド生活と言えそうだ。

長い歴史の中で、世界トップのスポーツカーメーカーとして業界を牽引し続けるポルシェもまた、常にとどまることなく、進化を重ねている。911 シリーズを中心に、ブランドアイデンティティーを継承しながらも、革新的なコンセプトを提唱してきた。

そんなポルシェが、2009 年、4 ドア 4 シーターとなる「パナメーラ」を発表し、センセーションを巻き起こした。高いドライバビリティーを誇り、4ドアサルーンというスタイリングにもレーシーな魂がしっかり備わったモデルとして人気を博し、先日クラス初のプラグインハイブリッドモデルである「パナメーラS E–ハイブリッド」をリリース。外部電源で充電したエネルギーで走る、他にはないプラグインハイブリッドだ。

充電パックを設置することにより充電
ポルシェが独自に開発した充電パックを設置することにより、約 2 時間半で充電が完了。※充電時間は総合電力により異なる。

振り返れば、100 年以上も前となる 1900 年。世界初のハイブリッドカーを開発したのがポルシェだということは、意外と知られていない。これこそ、まさに現代に通じる先進性を兼ね備えた彼らの逸話と言えるだろう。

パナメーラS E–ハイブリッドは、最小のエネルギーで最大のパフォーマンスを発揮する EV モードを搭載。最長 36㎞ の航続距離を誇る走りを実現し、次世代へ向かう。国土交通省の調査によると、日本人の過半数がクルマで一日に走る距離は平均で 20㎞/台。つまり、ほぼエンジンを始動せずに、快適なドライビングを楽しめる。EVモードにおける時速 135㎞ の最高速度も圧巻だ。

さらに高速道路の合流や中間加速では、ポルシェのV6 エンジンがパフォーマンスを発揮。3リッターV6 エンジンのモーター合計出力は 416 馬力。ゼロから時速 100 ㎞に 5.5 秒で到達するデータは、さすがとしか言いようがない。

ポルシェならではの走りのパフォーマンスをさらに向上しながら、時代を反映するプラグインハイブリッドカーとして進化したパナメーラ S E–ハイブリッド。近未来、ガレージでは充電用のケーブルがクルマとつながっているのが常識となるかもしれない。

後席の快適性を高めたエグゼクティブモデル
ホイールベースを 15㎝ 延長することで、後席の快適性を高めたエグゼクティブモデルも登場。

そんなパナメーラだが、ニーズに合わせて幅広いモデルをラインアップ。先の東京モーターショーで世界初公開された「パナメーラ ターボ S エグゼクティブ」は、まさにそれだ。シリーズで最もパワフルな 570 馬力を発揮しながら、ホイールベースを 15㎝ 延長し、リアシートの居住性を高めた。エグゼクティブのための、究極のパナメーラの登場と言える。常に新たな可能性を追求するポルシェが、次に何を具現化してくるのかが楽しみでならない。

問い合わせ ポルシェ カスタマーケアセンター
フリーダイヤル0120-846-911 www.porsche.co.jp
営業時間9:00~18:00(土・日曜定休)

※『Nile’s NILE』2014年1月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。