東京初進出のジュエリーブランド JBHジャパン

April 20, 2022

ロサンゼルス・ビバリーヒルズ発のカスタムハイジュエリーブランド「ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ」が銀座8丁目に日本初のブティックをオープン。ビバリーヒルズやラスベガスなど米国に4店舗を構え、今回が初の海外進出となる。

女性とジュエリー
前衛的でユニークなデザインが新鮮な、ビバリーヒルズ初のハリウッドセレブ御用達のジュエリーブランド。

「ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ」はハリウッドセレブ、ミュージシャン、スポーツ選手御用達のジュエリーブランドで、リアーナ、ジェニファー・ロペス、ジェシカ・アルバ、ジャスティン・ビーバー、デュウェイン・ウェイドらのカスタムオーダーを手がけている。

世界で最も高価なダイヤモンドジュエリーシューズや、マイケル・ジャクソンが制作依頼したゴールドとダイヤモンドで作られた家紋など、他に類を見ない制作も行っている。

店舗外観
ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ東京のエントランスイメージ。

世界最大規模のショッピングエリア・東京のラグジュアリーな消費者には、枠にとらわれないファッション性の高いラグジュアリーピースへの需要があると考え、ブランド初の海外拠点を東京にしたという。

店内には、玄関からラウンジまでを結ぶ店内中央レッドカーペットが配され、VIPルームやバーを設置。総面積100㎡の広々とした空間に優雅でスタイリッシュな雰囲気が広がる。ジュエリーコレクションからウオッチコレクションまで、アメリカ・ビバリーヒルズ本店と同様のメンズおよびレディース商品が展示される。

既存のジュエリーでは満足できない斬新なジュエリーデザインを求める人におすすめのブランドだ。

※『Nile’s NILE』2016年3月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。