HIGH-JEWELRY SELECTIVE

April 20, 2022 Photo Junai Nakagawa Text Keiko Honma

急増するジュエリーの目利きたち。優れた審美眼を持ち、トップブランドに親しむ──そんなジュエリーの粋人とでも言うべき高雅な人々のための逸品を、ここに紹介しよう。

VAN CLEEF & ARPELS

対のカラーストーンで描き出した夢幻の世界のリフレクション

ヴァンクリーフ&アーペルのペンダント
リフレ ダン ロー ペンダント WG×アクアマリン(20.31ct)×トルマリン(20.90ct)×ダイヤモンド(14.53ct)×サファイア(2.44ct) 価格未定

鏡のようなリフレクションを大胆に表現した、信じがたいほど希少なペンダント。完璧にカラーとシェイプがそろった明るいグリーンのトルマリンの下に、まるで湖水に映り込んでいるかのように配された濃いブルーのアクアマリン。宮殿を思わせるホワイトゴールドのオープンワークは、曲線と直線が妖しく融和して、どこかオリエンタルなニュアンスも感じさせる。これほど見事にカラーとシェイプがそろった一対の宝石は珍しく、大抵が一対のイヤリングに仕立てられるものだ。それをあえてペンダントとしてデザインしたヴァン クリーフ&アーペルの創造力が際立つ。まるで水面に映った自分をいつまでもうっとりと眺める、ナルキッソスのようではないか。

ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク 
TEL0570-00-8202

BVLGARI

カラーで遊ぶ、形で楽しむ 光と輝きの高貴なシャンデリア

ブルガリのネックレス
ネックレス YG×ファンシーサファイア(60.70ct)×ムーンストーン(8.32ct)×ダイヤモンド(16.87ct) 44,625,000円

ブルガリの大きな魅力の一つは、誰にもまねできないカラーコンビネーションの新鮮さだということ。このペンダントも色とりどりのカラーストーンを思うまま大胆にミックスし、色と光のカクテルを生み出している。宝石にはこんなにたくさんのカラーバリエーションと個性豊かな配色、とりどりのシェイプがそろうのかと驚かせてくれるジュエラー。それがブルガリだ。

ブルガリ ジャパン 
TEL03-6362-0100

BOUCHERON

ゆったり流れる時間がつむいだ大人のためのフェミニンな華やぎ

ブシュロンのネックレス
ソニア ネックレス WG×ダイヤモンド(52.52ct)×エメラルド(6.44ct) 86,835,000円

リボンをふんわり結んだ形のダイヤモンドネックレスは、クラシックでもあり、都会的でもある。シンプルなラインを描いて襟元に沿う無数のダイヤモンドは、若き娘たちのかれんなモチーフであるはずのリボンを、大人びて洗練された、格式高いものに変えている。そして、若葉のような緑のエメラルドのワンポイント。このネックレスは、シンプルなようでいて、一筋縄ではいかない。ブシュロンのハイジュエリー工房は、ブティック最上階にあり、宝石を各国から買いつけるストーンバイヤーは、親子2代にわたってこのメゾンで働いているという。階下には、過去のスケッチの画帳が並ぶ書斎もある。長い歴史に支えられて、このネックレスは生まれてきたのだ。

ブシュロン カスタマーサービス 
TEL03-5537-2203

CARRERA Y CARRERA

世界遺産をモチーフにしたスペインが誇る情熱のゴールド

カレラ イ カレラのバングル
コルドバ バングル YG×ダイヤモンド(1.28ct) 1,411,200円

マドリッド創業の老舗、カレラ イ カレラ。伝統的にスペインで栄えた緻密な金細工の技術を継承し、ヨーロッパの数あるロイヤルジュエラーの中でも目立つ存在だ。このブレスレットは、南スペインのコルドバの風物を意匠に取り入れたもの。コルドバの聖堂メスキータ、王宮アルカサルなどの歴史的建築物を飾っているのは、オリエント美術の影響から生まれたアルハンブラ装飾や唐花文様だ。それらの装飾をデリケートな手仕事で彫金し、インパクトのあるブレスレットにした職人技は、優れた手際だ。たくさんのダイヤモンドや貴石を用いたものだけをハイジュエリーと呼ぶのではない。職人の至芸が生むゴールドもまた、ハイジュエリーの一つなのだ。

カレラ イ カレラ
TEL03-3568-4113

TIFFANY & Co.

選び抜かれたカラーだけで仕立てるグラマラスなリング

ティファニーのリング
PT イエロー ダイヤモンド リング(2.68ct) 12,039,300円

オーストラリアの鉱山と独占的に提携し、色が濃く質の高いイエローダイヤモンドを手に入れているティファニー。イエローといっても、色が薄くて茶色っぽい石ならどこにでもあるが、ティファニーのコレクションは完全にレベルが違う。1万個の原石の中に一粒あるかないかという、類まれな美しいカラーを厳選しているのだ。鮮やかな黄に輝くラグジュアリーなこのリングは、ティファニーのアイコンでもある128.54カラットの「ティファニー ダイヤモンド」の色を思い起こさせる。誰もが愛するブルーボックスの色と同じく、最上級のイエローダイヤモンドもまた、ティファニーのシンボルカラーなのだ。

ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 
TEL0120-488-712

GRAFF

多彩なシェイプのオンパレード 上級者に似合うシンプルな美しさ

グラフのネックレス
ダイヤモンド・ネックレス Pt×WG×YG×イエローダイヤモンド(20.96ct)×ダイヤモンド(20.29ct) 53,900,000円

ダイヤモンドが生まれる大地、南アフリカの鉱山で採れたダイヤモンド原石を、現地に設立したカッティングセンターですぐさまカットすることができるよう、長年力を注いでいるまれなジュエラー。このため、粒の整った多種多様なシェイプが扱えるので、上級感の漂うファンシーシェイプダイヤモンドのネックレスも、グラフでなら豊富にそろう。このネックレスは、少しずつ表情の違うクッションカットのイエローダイヤモンドをアクセントとしてあしらい、イエローの石は、イエローゴルドの台座で仕立てることで、ダイヤモンドのカラーをよりいっそう引き立てている。こうしたシンプルなネックレスはいつまでも飽きることなく、時を超えて受け継ぐ価値を持っている。

グラフ東京サロン 
TEL03-6267-0811

ENUOVE

身に着ける人の個性に寄り添う その人だけの大切なメモリアル

イノーヴェのリング
sano kasumi オリジナル エンゲージリング Pt×YG×ダイヤモンド(0.58ct)861,000円

金庫にしまっておくのではなく、ずっと着けていたいと思えるジュエリー。リングに指を通した瞬間、優しい心地良さを感じて、自分の肌の一部のように感じてしまう。そうしていつも着けているうちに、時を重ねながら自分になじんでいくジュエリー。そんなイノーヴェのこだわりは、0.5カラットのダイヤモンドに、トレンドの「ダイヤモンド取り巻き」をあしらって、モード感をプラスしたところ。表面が滑らかになるよう、大きさの異なるダイヤモンドを隙間なく配置し、一段と輝かせる効果を生み出している。ゴージャス感たっぷりに、そしてシーンを選ばずに楽しめるイノーヴェは、身に着ける人のために心を込めて、一点一点アトリエで作られている。

アトリエ イノーヴェ TEL03-3405-0888

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。