見た瞬間に感じる ドラマティックなストーリー

April 19, 2022 Photo Junai Nakagawa

いつの間にか、風に乗って旅へ
~NOBUKO ISHIKAWA~

ジュエリー
(上)ブローチ(スワローテイル)K18×Pt900×ダイヤモンド×サンゴ×カショロン 1,785,000円。(下)ブローチペンダント(アルハンブラ夏の離宮)K18×Pt900×赤銅×オパール×ダイヤモンド×サファイヤ 4,935,000円。

本物だけがもつ真の輝き、絵画のような精巧さ、身につける人の魅力を引き立てるつつましさ、どれもジュエリーが教えてくれる美。感性に訴えかけるものには、ほかには負けない個性ある魅力をもっている。その真髄に触れてほしい。

ノブコイシカワの2011年最新コレクションのテーマは「風のように」。そのテーマ通り、やさしく旅の案内をしてくれそうなかわいいツバメが、アルハンブラ宮殿に咲く花を口へくわえて飛ぶ姿に心奪われる。

スペインのアルハンブラ宮殿を精巧に再現したブローチペンダントでは、オパールやサファイヤで夏の離宮を演出している。細部まで見ていると、その緻密な美しさに引き込まれていく。

nobukoishikawa.com

※『Nile’s NILE』2010年11月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。