紳士靴のダンディズム

April 19, 2022 Photo Takehiro Hiramatsu(digni) Text Junko Chiba
April 26, 2022 Last modified

墨田区・ヒロカワ製靴が手掛ける最高級紳士靴ブランド、スコッチグレインから、イタリア・ゾンタ社のミュージアムカーフを使用したニューモデルがデビューする。
その名は「モデナ」――紳士の装いを華やかに盛り上げる。

靴好きの紳士なら、「ミュージアムカーフ」の名を一度は耳にしたことがあるだろう。そう、イタリア屈指のクロム鞣なめし専門のタンナー(革鞣し業者)、ゾンタ社が産する最高級の革である。

特徴的なのは、「タンポナート」と呼ばれる技法を駆使した、独特のムラ染めが施されていることだ。これは、染料を含んだ綿をガーゼで包み、それで革の表面をポンポンとたたくように色をつけていく技法なのだが、もとよりそう簡単ではない。卓越した技術を要する。熟練の職人が一枚一枚、手染めをし、それぞれ微妙に異なる、実に味わいのある革に仕上げているのだ。機械仕上げのものと違って、職人の感性が宿った表情豊かな革なのである。

イタリア・ゾンタ社の「ミュージアムカーフ」を使用した「モデナ」
イタリア・ゾンタ社の「ミュージアムカーフ」を使用した「モデナ」。セミブローグ(左)とダブルモンク(右)の2タイプで、それぞれボルドーとネイビーの2色展開。各49,500円。

さて、今回紹介する「モデナ」シリーズには、2タイプがそろう。一つは、ブローギング(穴飾り)が一文字状のセミブローグ。もう一つはブローキングを翼状に施した、2本のストラップが付いたダブルモンク。いずれもつま先の中央に「メダリオン」という小穴の装飾が付いている。カラーはそれぞれボルドーとネイビーの2色を展開している。

また踵が接地面に向かって先細りしている形状の華奢なたたずまいが「アークヒール」。踵からヒールに流れる曲線が、踵をエレガントに演出している。

一方で、「伝統を守る」姿勢も崩さない。「モデナ」にもスコッチグレイン本来の魅力は引き継がれている。例えば、すくい縫いとダシ縫いなど多くの工程から成るグッドイヤー製法。機械が大がかりなうえに、使いこなすには職人の経験と技能を要するため、導入できる企業が少ない中、ヒロカワ製靴は製品の全てにこの製法を採用している。疲れにくく、履き心地の良い3層構造の靴底などが、その品質の高さを証明する。

「木型」は、創業以来継承され、底面は独自構造のもの。快適に歩けるように接地面に独特なひねりが施されていて、つま先や甲周りは履き心地の良さとデザイン性が重視されている。数種類ある木型の中から、「モデナ」では「インペリアルブラックⅡと同じ木型を採用した」そうだ。

「ふつうは服装に合わせて靴を選びますよね? しかしモデナの場合、まずモデナを履くと決めてから、服装をコーディネートしていただくのがいい。ファッションがいつもよりかっこよく決まると思います。ムラ染めが個性的で華やかだし、繊細なデザインなので、どちらかというとオフタイムのおしゃれを引き立ててくれるんですよね。もちろんネイビーはビジネスシーンでも活躍してくれると思います」と話すのは、ヒロカワ製靴2代目社長の廣川雅一社長。

そして従来通り、艶出しのお勧めはモルト・ドレッシング。ダルモアのようなスコッチを靴クリームに混ぜてお手入れする方法だ。廣川社長によると、「モデナは光沢が良く、艶が出やすいので、今まで以上に靴磨きが楽しくなる」とか。おしゃれに手入れに、モデナを履く喜びがいっそう大きくなりそうだ。

●スコッチグレイン 銀座本店 TEL03-3543-4192

※『Nile’s NILE』2020年3月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

Tags:

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。