クセxクセ=美味!?

羊SUNRISEx鹿児島産本格焼酎

December 16, 2022

鹿児島本格焼酎と羊肉料理のペアリング

羊x焼酎
こだわりの羊肉と本格焼酎ペアリングを仕掛ける(左から)WAIDO SPIRITSを製造する松永酒造専務取締役の松永晶子さん、SHEEP SUNRISE代表取締役の関澤波留人さん、SHEEP FREAKSシェフの福田浩二さん、MOTOを製造する大石酒造専務取締役の大石恭介さん。

本格焼酎と羊肉は、その独特の風味から好き嫌いが分かれるお酒と食材だ。羊肉料理専門店の羊SUNRISEでは、一癖も二癖もある焼酎と羊肉をうまく掛け合わせ、美味しいペアリングとして12月末まで提供している。

豚肉や牛肉のように宗教上の縛りがない羊肉は、世界最古の家畜ともいわれる。近年では、世界的な需要が増え、その価値も上がってきているという。羊肉独特の臭みが苦手という人も多いが、羊SUNRISEの羊肉は、臭みがなく、すっきりとしてほのかに甘みが感じられる。同店代表取締役の関澤波留人さんは、「新鮮の「鮮」という字からもわかるように、魚と羊は鮮度が大事」だと語り、冷凍しない国産の羊肉を1頭買いすることにこだわっている。そのため、様々な部位が堪能できるのもうれしい。

  • 羊肉タルタルと牡蠣 羊肉タルタルと牡蠣
    羊肉タルタルと牡蠣は、奥深い旨味となまめかしい食感が後をひく。「WAIDO SPIRITS 樽貯蔵酒」と合わせると、ふわりと甘みが引き立つ。
  • スライダー スライダー
    旨味がぎゅっと凝縮したパティにほんのり甘いバンズが合うスライダーには、「The AMAMI SPIRITS然」を合わせてすっきりと。
  • シャンクスープ シャンクスープ
    滋味深いラムのシャンクスープは、別名食べるスープ。癒されるほっこりとした味わいは、ジャガイモのほくほく感が楽しめる「じゃがいも焼酎 MOTO 2023」や味わいを掘り下げてくれる「本格芋焼酎 出水に舞姫 原酒」と合わせて。
  • 羊肉タルタルと牡蠣
  • スライダー
  • シャンクスープ

合わせる本格焼酎には、伝統にとらわれず、新たな味わいの開拓に挑む鹿児島県産焼酎が揃っている。ふわりとウイスキーのようなニュアンスが感じられるシェリー樽熟成のリキュール「WAIDO SPIRITS樫樽貯蔵酒42°」や、ほくほくしたポテト感のある「じゃがいも焼酎 MOTO 2023」、一番茶やほうじ茶がさわやかに香る「知覧tea酎」「知覧tea酎ほうじ茶ver.」など、これまでの焼酎の概念を一新する顔ぶれだ。

ニューウェイブ本格焼酎
新たな挑戦に取り組む鹿児島県産のニューウェイブ焼酎の数々。左から、「WAIDO SPIRITS」の原酒40°と樫樽貯蔵酒42°、「知覧tea酎」、「知覧tea酎ほうじ茶ver.」、「本格芋焼酎 出水に舞姫 原酒」、「じゃがいも焼酎 MOTO 2023」、「The AMAMI SPIRITS然(ZEN)」と「The AMAMI SPIRITS然(ZEN)タンカン」、「Gonsukeブレンデッド」。

12月末までの限定ペアリングメニューには、牡蠣羊肉タルタルと「WAIDO SPIRITS樫樽貯蔵酒42°」、スライダー(ミニハンバーガー)と柑橘風味の「The AMAMI SPIRITS然(ZEN)タンカン」、ラムシャンクスープと「MOTO」や白麹と黒麹でそれぞれ仕込んだ芋焼酎のブレンド「本格芋焼酎 出水に舞姫 原酒」など、オリジナリティにあふれる組み合わせが並ぶ。意外なようで、時に焼酎の甘みが羊肉の旨味を引き出し、時に羊の脂をさっぱりと流してくれるペアリングは、「なるほど!」と思わず笑みがこぼれる、美味しい驚きの連続だ。

羊肉と本格焼酎の新たな味覚の世界観をぜひ体験あれ。

羊肉と本格焼酎のペアリングを体験しに行こう

ペアリングメニュー提供店舗:
 羊SUNRISE 麻布十番店
 羊SUNRISE 神楽坂店
提供期間:2022年12月31日まで

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。