新しい味わい「塗るサブレ」

エシレ・メゾン デュ ブール(東京・丸の内)

October 11, 2022

フランス産A.O.P.認定発酵バター、エシレの専門店「エシレ・メゾン デュ ブール」から人気の焼き菓子、サブレ・エシレを使用した「サブレ・ア・タルティネ」が発売された。

エシレ 
サブレ・ア・タルティネ(数量限定)、1,944円。

「サブレ・ア・タルティネ」は、エシレ バターを100%使用した人気商品、サブレ・エシレを贅沢に使用したサブレペーストだ。製造過程でひび割れなどにより、販売できなくなったサブレ・エシレを余すことなく使い、新しい味わいを体験してほしいという情熱から試行錯誤を重ねて生まれた一品とのこと。固めのテクスチャーで、トーストに塗れば、トロッととろける味わいを楽しめる。サブレの食感とバターのコク、さらにはちみつと練乳の甘さが口いっぱいに広がる、エシレならではの新食感を堪能してみては。



エシレ 店舗
エシレ・メゾン デュ ブール(丸の内ブリックスクエア)では、エシレ バターはもちろん、エシレ バターをふんだんに使ったクロワッサンや焼き菓子なども人気だ。

●エシレ・メゾン デュ ブール www.kataoka.com/echire/maisondubeurre

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。