時代を読む――原田武夫 第18回

September 16, 2014
July 12, 2022 Last modified

他人と違うことを堂々とする勇気

時代を読む――原田武夫 第18回 他人と違うことを堂々とする勇気

昔、私が外務省に入省した頃には、「食事マナー研修」というのがあった。どこから費用を捻出したのかは知らないが、都内の超高級ホテルでフレンチのフルコースを頂きながらバトラーの方々からお作法を学ぶのだ。実に楽しい研修だった。その時、同期の一人が、少しだけ意地悪い質問をした。

「外側からフォークやナイフを取るのは分かりました。しかし万が一、間違った順番で取ってしまったら、どうすればいいのでしょうか?」

「これはまた意地悪な質問を」と皆がクスクス笑いながらバトラー氏を見ると、彼は動じることなくこう言い切ったのである。

「そんな時には『これこそが正しい作法だ』といった顔をして平然と食べ切ればいいのです。誰も何も言いませんよ」

あれから20年近くの月日が経って思うのだが、全くもってこの答えは正しい。世間には明らかに2種類の人たちがいる。「枠組みを創る人」と「与えられた枠組みを守る人」だ。前者はその立ち居振る舞いがそのままルールとなり、これを後者が必死にまねをしていく。

結局、何が正しいかは前者が全て決めることになるので、そこに正誤などないのである。要するに堂々と「これがルールだ、何が悪い」と気張っていれば、何も問題はないというわけなのだ。

最近、「世界史の根源的な勢力」の一員から突然、呼び出しを受けた。こう言うと派手な高級スーツを身にまとった、見るからに金持ちそうな西洋人男性にリゾートへでも招かれたように思うかもしれない。「ユダヤ人」「フリーメーソン」といった単語が浮かぶかもしれない。だが、そんな人々は、実のところ使用人に過ぎないのが本当の世界史なのである。そこで根源的な勢力は女性であれば、サンダル履きに白いスパッツといった風情で登場したりする。

その時もそうだった。そして開口一番、早口の英語で言われたのである。「日本人は、どうかしているのではないか。あの『集団的自衛権』とは一体何のためなのか。全くもって理解できない」

思いの外に我が国について熟知しているその人物いわく、「日本は異なるルールで走っているから意味がある」のだそうだ。

そして今、世界は米国や中国を筆頭にあしき方向(具体的にはとにかく戦争を引き起こし、マネーを動かす方向)へと収斂している。大いにバランスを失してしまっているのであって、だからこそこうした状況を止めることができるのは、日本しかないのである。なぜならば、繰り返しになるが日本だけは平和憲法という「異なるルール」で走ってきたからだ。

「それがここに来て、何ということか。日本は米中と全く同じ戦争ゲームを行おうとしている。これほど無意味なことはない。なぜ当の日本人には、それが分からないのか」

集団的自衛権は「国際社会の常識」と賛成論者たちは口々に言う。「右に倣え」を旨とし、誰かが最初にやったらば、それをまねることばかりをする癖が(特に「失われた20年」の間に)、刷り込まれた私たち日本人にとっては、納得してしまう論法である。だがその実、「世界史の根源的な勢力」からすると、これほどまで馬鹿なことはないのである。日本人を日本人として意味あるものとしてきたのは、何を隠そう、「他とは異なるルールで走る癖があったから」だ。なぜなら、そうすることによってのみ、大勢とは異なる価値が生まれ、イノベーションが起きるからである。

ところが安倍晋三総理大臣はといえば、どこに脅されたかは知らないが「皆と同じ集団的自衛権というルールにしましょう」と言ってやまない。

そして「世界史の根源的な勢力」の逆鱗に触れてしまっているのだ。だから総理に言いたい、「他人と違うことを行う勇気を」と。日本が勇気を出して、そうするか否かを世界史の主たちは今、注視しているのだ。

原田武夫(はらだ・たけお)
元外交官。原田武夫国際戦略情報研究所代表(CEO)。
情報リテラシー教育を多方面に展開。講演・執筆活動、企業研修などで活躍。
https://haradatakeo.com/

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。