二つの学び舎 海陽学園 海陽中等教育学校

April 19, 2022 Photo Masahiro Goda Text Junko Chiba
April 26, 2022 Last modified

海陽中等教育学校には、二つの学び舎がある。授業を通して学力を養成する「校舎」と、生徒たちが共同生活を営む中で人間力を磨く寮―「ハウス」である。中高一貫・全寮制による6年間の教育を通して、この二つの学び舎で「学力+人間力」が養成される。

小波立つ三河湾沿いの広大な敷地には、最上階に天文台を備えた中央棟、教室棟、食堂棟、体育館など近代的な建物が並ぶ。グラウンドはアメフト・サッカー・野球が同時にできる広さ。子どもたちが伸び伸びと成長していくのに申し分ない環境だ。

広大な敷地をもつ海陽中等教育学校
総面積13万㎡、東京ドーム約3個分という広大な敷地をもつ海陽中等教育学校。正門から入ってすぐの中央棟には天文台、図書室、屋上プール、PC教室や視聴覚室などが入る。

〝人生の学び舎〟たるハウスでは、1学年120名、6学年で約720名の生徒全員が暮らす。

ここで注目すべきは、寮長であるハウスマスターに加えて、トヨタ・JR東海・中部電力を中心とする賛同企業から毎年若手社員が派遣され、フロアマスター(FM)として活動していることだ。現在26名いる彼らは、生徒とともにハウス生活を営む。

普段の生活はもとより、進路や授業の目標づくり、悩み相談までをサポート。時には反抗心むき出しで食ってかかるヤンチャな生徒たちに、日々本気で向き合っている。頼りになる兄貴的存在だ。

「まだまだ生徒たちは発展途上ですから、自分のことしか考えなかったり、他の子とやり方や意見が違うとぶつかったりもします。でも失敗するために学校がある。そこから得る学びは大きいと思いますね。究極的には、真っ先に人のために何ができるかを考える子になって欲しい。西洋流に言えばノブレス・オブリージュの精神ですね。本校では、FMの所属企業訪問や世界で活躍する専門家の特別講義など、キャリア教育にも重きを置いています。少年期に自分がどう社会に貢献するかを考え行動するいい機会になるでしょう」

と加納啓次教頭。身の回りのことは自分でできるようにするのが海陽生への第一歩。親御さんたちは「帰省するたびに成長がわかる。家事を手伝うとか、人への気づかいが細やかになった」と喜んでいるという。

  • 教室棟 教室棟
    教室棟を望む。一般的な学校より教室は広くとられ、各階に多目的学習スペースも配する。
  • 図書室 図書室
    図書室には海陽生の知的好奇心を刺激する蔵書が約5万冊。洋書、映像ソフトも多数用意。
  • ハウスに戻り夜間学習に励む様子 ハウスに戻り夜間学習に励む様子
    ハウスに戻り夜間学習に励む様子。個別学習はもちろん、仲間とともに日夜切磋琢磨している。
  • 個室、自習室、ラウンジと充実した設備をもつハウス 個室、自習室、ラウンジと充実した設備をもつハウス
    個室、自習室、ラウンジと充実した設備をもつハウス。自由と規律が同時に学べる得難い場だ。
  • 全校生徒を収容できる食堂 全校生徒を収容できる食堂
    全校生徒を収容できる食堂。毎年ここで卒業生のために成人式が行われ、絆を新たに結ぶ。
  • 創部から間もなく強豪校となったアメフト部 創部から間もなく強豪校となったアメフト部
    創部から間もなく強豪校となったアメフト部。運動系・文化系とも部活動は非常に盛んだ。
  • 教室棟
  • 図書室
  • ハウスに戻り夜間学習に励む様子
  • 個室、自習室、ラウンジと充実した設備をもつハウス
  • 全校生徒を収容できる食堂
  • 創部から間もなく強豪校となったアメフト部

また、もう一つの学び舎での学業の成果も着実に積み上げている。

基礎学力の習得から応用まで、自然に身につく6年一貫のカリキュラムに加えて、習熟度別授業、ハウスでの夜間学習、課外学習などが充実している。成果は上々。1期生の約1割が東大に合格したことで世間の度肝を抜いた。医学部や、早慶といった難関大学にも毎年多数合格しており、大学受験実績の地歩も固めている。学業優秀で人間力があるとなれば、卒業生が次代のリーダーになることにも現実味が増すというものだ。

さらに部活動やハウスごとのイベント等の課外活動を通して、生徒が興味のある分野に全力で打ち込めるのも全寮制のメリット。これまで数学や化学などの各種オリンピックでメダル受賞、アメフト部が関西選手権大会で準優勝するなど、各方面で目覚ましい実績をあげる。

「創立13年目を迎える今年は、カリキュラム・時間割を変更し、授業と選択講座を充実させ、土曜午前中に多様な学びの時間を設けます。また生徒一人ひとりとキャリアを考えるアカデミック・アドバイザーや、6年を3段階に分けたハウス運営を導入し、より強力に進化を推進していきます」

―海陽学園から巣立つ子どもたちへの期待は高まる一方だ。

●海陽中等教育学校 
愛知県蒲郡市海陽町3-12-1 TEL0533-58-2406

※『Nile’s NILE』2018年2月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

Tags:

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。