自分らしく豊かなセカンドライフ

プレザンリュクス南青山

July 28, 2022 Text Text Asuka Kobata

人生100年時代。年齢を重ねてもいつまでも自分らしく豊かな日々を送るためには、医療・介護面でのサポートも必要不可欠だ。ホテルと介護施設が融合した介護付き有料老人ホーム「プレザンリュクス南青山」は、これまでの介護施設のイメージを覆す上質な暮らしを実現する。

談話室
秋をイメージしてシックにコーディネートされた4階のラウンジ。ソファやテーブルがゆったりと配されるほか、大型テレビも完備する。 Photo Satoru Seki

2022年7月、緑豊かで落ち着いた東京・南青山の一角に、介護付き有料老人ホーム「プレザンリュクス南青山」が誕生した。ホテルのように洗練された空間と、上質なおもてなしで入居者を迎える、これまでにない介護施設だ。

「一人ひとり異なるこれまでのライフスタイルを変えることなく継続しながら、これまで以上に安心で楽しく豊かな暮らしを提供したい」と話すのは、支配人の櫻井浩幸氏。ホテル業界において長年の経験を積んできた櫻井氏が支配人を務めることそのものが新たな挑戦であり、まさにこの施設の在り方を体現している。

  • 外観 外観
    南青山の閑静なエリアに位置する。周囲や敷地内には緑があふれる風景が楽しめる。
  • 庭 庭
    「南青山の森」をイメージし、豊富な木々に囲まれたナチュラルガーデン。
  • エントランス オブジェ エントランス オブジェ
    気品あふれるエントランスにも植物が飾られ華やかな雰囲気に。
  • 外観
  • 庭
  • エントランス オブジェ

まずうれしいのは、食事や入浴の時間が自由に選べる点だ。多くの介護施設のように全体でそろえて時間を定めるのではなく、入居者一人ひとりが希望する暮らしのリズムに対応。また外出も自由にでき、支援や介護が必要な場合はスタッフが付き添う。ちょっとした散歩からショッピングや習い事、さらにはスポーツ観戦や美術館訪問など、これまで一人ではできないと諦めていたようなことも実現できるようになるだろう。

そんな自分らしい暮らしをかなえてもらうためのサポートとして、ホテルと同様のコンシェルジュサービスを提供。たとえば日常の買い物代行や友人と食事をする際の店の手配、観劇のチケット予約など、幅広い要望に応える体制を整えている。

  • レストラン レストラン
    庭の緑を眺めながら食事が楽しめるダイニングルーム「ラトリエ和楽」。熊野古道の100年杉でできたスピーカーがアイキャッチに。
  • ファミリールーム ファミリールーム
    予約をすれば家族で過ごせるほか、さまざまな教室も予定しているファミリールーム。
  • 居室 居室
    まるでホテルそのもののプライベートルーム。テレビも用意され、快適に過ごすことができる。 Photo Satoru Seki
  • レストラン
  • ファミリールーム
  • 居室

さらに館内の設備を見ても、至るところにおもてなしの心が感じられる。1階には庭がひとつながりとなった開放的なダイニングルーム「ラトリエ和楽」を始め、広々としたエントランスラウンジ、美容師・理容師を招くことができる理美容室などを用意。ファミリールームにはアイランド型のキッチンカウンターが完備され、シェフを手配して会食をするなど、家族や大切な人とプライベートな団欒のひとときを館内で快適に過ごすことができる。また、シガールームも設けられ、煙草が自由に吸えるだけでなく葉巻も備える。介護施設では特にめずらしく、愛煙家にはうれしい設備だ。

2〜5階にはすべて1人用の個室とした約21㎡のプライベートルームが全61室並ぶ。要望すればカーテンや家具を始め、壁の色柄などの変更も可能で、自分らしくカスタマイズできる。プライバシーを確保するため、入り口にはルームナンバーのみを掲示し、一見するとホテルそのものだ。そんなプライベートルームを配した4フロアには、それぞれ春夏秋冬をイメージしてコーディネートしたラウンジを用意。上質なソファやテーブルがゆったりと配され、入居者が思い思いにくつろぐことができる。入居者同士の交流の場にもなり、新たなコミュニティーも広がるだろう。

  • 料理 料理
    毎日約30種のアラカルトを用意するグランドメニューの一例。
  • シェフ シェフ
    和食・洋食の専属シェフが季節や旬にこだわった食事を提供。
  • 支配人 支配人
    ホテル業界での経験を生かして最上質のおもてなしを実現する支配人の櫻井浩幸氏。
    Photo Satoru Seki
  • 料理
  • シェフ
  • 支配人

また、気になるのは日々の大きな楽しみとなる食事メニューだ。和洋それぞれのシェフと栄養士が協同し、旬を取り入れつつも栄養面のバランスや食べやすさを考慮してメニューを作成。基本は和洋を織り交ぜた日替わりの定食としながら、それとは別にレストランのグランドメニューとして主菜、副菜、デザートなど約30種のアラカルトを用意し、気分や好みに合わせて差し替えができるように配慮。家庭的な料理を提供する一方で、レストランらしい華やかな料理も用意し、その両方から選択できるのが大きな魅力に。出羽庄内産の有機米、セイアグリー健康卵、有機・減農薬栽培中心の新鮮な野菜といった一つひとつの素材にもとことんこだわり、食事の面でも最上級のおもてなしを提供している。 

当然のことながら、医療・介護面においては手厚くきめ細やかな支援体制を確保する。介護スタッフは通常、入居者3人に対して1人が配備されるところ、2人に対して1人を配備し、同時に男女比率は5対5で同性介護を徹底している。看護師が常駐して日々の健康管理を丁寧に行うほか、専属医師による各居室への往診も実施。近隣の医療機関や薬局とも密に連携しているため、深夜や休日の体調の急変などにも迅速に対応できる体制が整っている。

「入居者には、プライベートルームだけでなく、エントランスを入った先に広がるこの建物すべてが自分の家だと思いながら過ごしてほしい。私たちスタッフは、毎日を楽しみながら生き生きと暮らす、そのためのあらゆるサポートをできればと思っています」と櫻井氏。心のこもったホテルのようなおもてなしと最上級の設備、そして万全な医療・介護サービスにより、自分らしく自由な毎日を過ごすことができるだろう。

●プレザンリュクス南青山
TEL 0120-996-121

プレザンリュクス南青山 現地内覧会開催

細部にまでこだわったエントランス・居室・ダイニング・共有スペースなど、施設内をツアー形式で見学することができる内覧会を下記日程にて実施いたします。サービス内容のご説明と内覧を合わせて約2時間のツアーとなります。実際に施設で提供される料理をご試食いただくこともできます。ぜひお気軽にご参加ください。
●開催日程 2022年8月4日(木)~6日(土)、11日(木)~13日(土)、18日(木)~20日(土)、25日(木)~27日(土)
●受け付け時間 10:00、12:00、14:00、16:00
※ナイト内覧会も実施 19:00
●住所 東京都港区南青山7-12-21
●予約・問い合わせ プレザンリュクス受付センター TEL0120-996-121

※資料請求はナイルスナイル会員限定となります。
※ナイルス会員の新規登録はこちら

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。