不動産投資の新常識 ハステック

April 21, 2022 Text Rie Nakajima

東京23 区で利便性とデザイン性の高いアパート開発を手がけ、高利回りと長期的な収益を可能にしているハステック。手間暇かけた価値ある物件と「顧客ファースト」の体質により、販売物件在庫ゼロの厚い信頼を集めている。

ハステック

不動産投資には、信頼できるパートナーを見つけることが不可欠だ。1987(昭和62)年の創業以来、アパート用地の仕入れから企画・設計・施工・販売・管理と、アパート開発をトータルに手がけてきたハステックの特徴は、都心23区のみで企画しており、競合の少ない希少な好立地を獲得していること。都心近郊3県のほうが、土地代が安く年間収益利回りがよくなると言われているが、安定的な収益を見込むのであればむろん、都心23区が有利である。そして、1ルームだけでなく、より安定性の高い大きめの居室も含み、利便性に優れた住みやすい部屋を提供していること。企業側にとっては、アパートの収益だけを追求すれば1ルームだけで建設したほうがいいが、オーナーにとっては、1ルームは入退出が頻繁になり、収益性もやや不安定になりやすいのだ。結果、他社とは比にならない、高利回り・高スペックを実現しているため、販売物件の在庫がない。「顧客に利益をもたらす」という目的を、高次元で達成しているからこそ、長年にわたり多くの成功した投資家たちから支持されている。

物件は、マンションのような一見、クオリティーの高い「長屋系デザイナーズアパート」。接道が狭いために共同住宅の建築が難しい旗竿地(はたざおち)などを有効に利用し、木造で建設コストや工期を抑えつつ、デザイン性の高い住まいを提供している。土地はハステックが買い取るため、地主は売りにくい土地を素早く換金することができ、投資家は比較的低いコストで購入し、より高い利回りで安定した賃貸経営を実現できる。「高利回り」「長期的な収益力」をウリにする企業は少なくないが、ハステックが実際に他社に抜きんでていることは、その事業内容からも判断できるだろう。購入・経営する際にも、弁護士や税理士、不動産鑑定士など必要なプロフェッショナル集団をコーディネート可能。安心して任せられる企業との出合いが、幸福な不動産投資をかなえてくれる。

※『Nile’s NILE』2017年11月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。